子供の矯正は早めが大事です!

こんにちは、山内歯科多治見おとなこども矯正の歯科医師の山内敬士です。

子供の歯が内側からはえてきてしまたのですが・・・

お子さんの歯並びで、良く受ける相談の1つです。

「うちの子の下の歯が内側から生えてきてましたが、大人になったら大丈夫でしょうか?」

「前の先生には様子見ましょう、と言われているのですが、いつまで待ったら良いですか?」

お子さんの歯並び心配ですよね。

下の歯が“ガタガタ”状態、専門用語で叢生(そうせい)という状態です。

この状態で様子を見ても、歯並びが良くなることは、残念ながらありません。

しかし安心して下さい!早めの矯正治療でしっかり治してあげることは可能です。

矯正治療を始める時期は?

昔であれば、大人の歯が生えてから針金をつけて治しました。

今の新しい治療法は“マウスピース矯正”で針金なしで治すことが可能です。

しかし、適応の時期があるので注意が必要です。

早ければ早い方が良いですので、山内歯科医院では4歳から頑張っていますお子さんもいます。

具体的には、前歯4本が生えそろうまでがポイントです。

遅くとも、後ろの歯が抜ける前までに始めないといけません。

マウスピース矯正の経過

真面目に矯正治療を頑張ったK君を紹介します。

奥歯は残念ながら虫歯により、前の病院で抜歯になってしまっていました。

子供の歯はできるだけ抜いてはいけません。

先ずは、前歯3本が並んできました。

針金を使わず、抜歯もせず、マウスピース矯正でみるみる歯が並んできました。

約1年半頑張って、歯並びが良くなってきました。

マウスピース矯正は“本人の頑張り”と“ご家族の協力”が欠かせません。

マウスピースを使い、簡単なトレーニングで無理なく治療できました。

すごく頑張ったね!おめでとう!!

お子さんの歯並びは、お気軽にご相談下さい。

噛み合わせが深いお子さんの場合

子供マウスピース矯正

歯医者嫌いを無くしたい!

山内歯科多治見おとなこども矯正

歯科医師 山内敬士