矯正治療中でも虫歯治療はできますか?|山内歯科多治見おとなこども矯正

新型コロナウイルス対策について

  • 駐車場10台/駐輪場完備
  • 完全個室診療室
  • キッズコーナー/バリアフリー

子供の歯並び矯正症例数多治見No1

  • 初診予約・お問い合わせ
  • 多治見・土岐・瑞浪・可児よりご来院多数!
  • 0572-22-0886
  • 岐阜県多治見市弁天町2-29 (多治見駅10分)

矯正治療中でも虫歯治療はできますか?

矯正治療中の虫歯治療の方法です。

「矯正治療中の虫歯はできますか?」

結論をお伝えすると、虫歯治療は可能です。

ただ時期が大事ですので、相談が必要です。

例えば、マウスピース治療ですと、現在の歯に合わせマウスピースの型を製作しています。

虫歯治療をすると、歯の型が変わりますので、今までのマウスピースが合わなくなるので注意して下さい。

マウスピース矯正のインビザライン治療中の方です。

右下銀歯の下に、虫歯が進行しています。

レントゲンで虫歯の進行を確認します。

真っ白に映る影が銀歯です。

赤矢印の黒く映る部分が虫歯です。

銀歯の下は?

ラバーダムを装着して、銀歯を外します。

黒い部分が虫歯です。

なるべく健康な歯を残す事がポイントです。

 

う蝕検知液で健康な歯を削らない

カリエスチェッカーという「虫歯のみに染まる液」を使います。

こちらを使う事で、大事な健康な歯を守ります。

まずは、う蝕検知液(虫歯検知液)で虫歯を染めます。

健康な歯を削らずに、虫歯のみを取り除きます。

極力、健康な歯を残して虫歯除去しました。

この際に、ラバーダム防湿をしていることが大事です。

ダイレクトボンディング

矯正治療中の銀歯を、ダイレクトボンディングで修復しました。

今回の場合は、再クリンチェックの時期に合わせて治療計画をしました。

ブラケット矯正をしている場合は、一端矯正器具を外す必要があります。

マウスピース矯正をしている場合は、歯型が変わってしまうとマウスピースが正しい位置に合わなくなってしまいます。

矯正治療の前には、必ず虫歯の検査をして下さい。

どうしても必要な場合は、担当医の先生と治療時期の相談をすると良いでしょう。

年齢・性別 30歳 男性
治療費 37,500円
治療期間

1日

治療回数 1回
リスク・注意点 疼痛、咬合痛、冷水痛、外科処置を伴う場合は腫脹や出血などを生じる事があります。

 

歯科医師 山内敬士

山内歯科多治見おとなこども矯正

 

トップへ戻る