入れ歯をインプラントで、再び噛めるように!|山内歯科多治見おとなこども矯正

新型コロナウイルス対策について

  • 駐車場10台/駐輪場完備
  • 完全個室診療室
  • キッズコーナー/バリアフリー

子供の歯並び矯正症例数多治見No1

  • 初診予約・お問い合わせ
  • 多治見・土岐・瑞浪・可児よりご来院多数!
  • 0572-22-0886
  • 岐阜県多治見市弁天町2-29 (多治見駅10分)

入れ歯をインプラントで、再び噛めるように!

初めての入れ歯の使いごごち

歯を初めて失ってしまった場合に「入れ歯」を選ばれる方もおみえになります。

入れ歯は使って初めて分かるのですが、不便さを感じる場面もあります。そんな悩みも、インプラントでしたら解決できます。

今回は入れ歯のお悩みを、インプラントで解決されて50代の男性の治療をご紹介します。

 

入れ歯の不便さ

失って歯を補うために、入れ歯を使用することがあります。しかし、入れ歯の使用に抵抗がある方は多いです。

1.大きな装置を常に口の中に入れる為、違和感がでる

2.大事な場面で、不意に外れてしまう心配がある

3.外出先だと、物が挟まってもすぐに洗えない

この様な心配事は、インプラントで解決できます。

インプラントの良いところ

インプラントとは固定式の人工歯根です。その上にさし歯をくっつける事で、取り外しの必要無い歯を作ることができます。

1.取り外しの必要がない

2.自分の歯と同程度、噛むことができる

3.異物感が非常に少ない

 

インプラント手術をする病院を選んだ基準

こちらの男性は、前医にて奥歯を失ってしまいました。インプラントを検討されていました。当院の前に、2軒の歯科医院へ行かれ、3軒目でセカンドオピニオンでいらっしゃいました。

1軒目の歯科医院は、なかなか治療が進まず不安を感じられたそうです。

2軒目の歯科医院は、混み合っているから、と対応が望ましくなかったそうです。

その後、当院のホームページをご覧頂き、リニューアルをしたので、最新の設備があるのではないか!と期待をされて相談にいらっしゃいました。

相談の結果、当院の実績を信頼して頂き、インプラント治療をお任せ頂きました。インプラント治療で大事なのは経験と、その後のメンテナンスです。

CTを撮影し、インプラントのシュミレーション

当院では、安心してインプラント手術を受けて頂けるように、必ずCTを撮影して、術前のシュミレーションを行います。

コンピュータ上で、噛み合わせと快適性を慎重に考慮して位地決めをおこないます。今回は奥歯に直径5mm、長さ10mmのインプラントを2本予定しました。

インプラント治療手順

奥歯にインプラントを2本計画します。

CTで予め骨の状態を確認し、シュミレーション通りにインプラントを埋めます。

当院はガイドシステムを用いている為、計画通りの狙った位置にインプラントを入れました。

その後2か月待ち、型取り用のネジを装着します。

一昔前は、型取りは粘土を口の中で固まらせて型を取りました。しかし、現代は光学印象と呼ばれるカメラで肩を取ります。

粘土だと、固まる時に微妙なズレが起こります。光学印象ですと、ズレを極限まで抑えることができます。

通常、取った型は石膏で再現しますが、光学印象は立体プリンターで正確に歯型を再現できます。

こうして出来上がったセラミックの歯を、奥歯に装着します。

インプラントのセラミック歯を装着

セラミックの歯が入り、入れ歯の不快から解放されました。非常に満足頂く結果となり安心しております。

 

年齢・性別 50歳 男性
治療費 770,000円(税込)
治療期間 6ヵ月
治療回数 10回
リスク・注意点 疼痛、咬合痛、冷水痛、外科処置を伴う場合は腫脹や出血などを生じる事があります。

山内歯科多治見おとなこども矯正

歯科医師 山内敬士

トップへ戻る