定期健診で発見されなかった虫歯|山内歯科多治見おとなこども矯正

新型コロナウイルス対策について

  • 駐車場10台/駐輪場完備
  • 完全個室診療室
  • キッズコーナー/バリアフリー

子供の歯並び矯正症例数多治見No1

  • 初診予約・お問い合わせ
  • 多治見・土岐・瑞浪・可児よりご来院多数!
  • 0572-22-0886
  • 岐阜県多治見市弁天町2-29 (多治見駅10分)

定期健診で発見されなかった虫歯

定期健診でレントゲンを撮ってもらっていますか?

定期健診にかかった際に、レントゲンの検査はしてもらっていますか?痛みがないがないから、虫歯はない!?

そんな事はありません。虫歯は痛みなく進行し、痛みがでてからでは手遅れになる場合があります。歯の神経まで虫歯が進行して初めて痛みがでます。

虫歯は自然に治ることはありません!早めに発見することで、神経を残して治療することができます。

今回は、他院で定期健診に通っていたのだけれど、発見されなかった大きな虫歯を”MTA”で神経を残して治療しました。

 

レントゲンで発見された虫歯

透明で目立たないマウスピース矯正の「インビザライン」の治療を希望された男性です。矯正治療中は途中で虫歯治療をすると、計画が変わってしまう為、治療開始前に虫歯、歯周病を治療する必要があります。

定期健診も通われていたので、虫歯の心配もないだろうと安心されていました。

しかし、レントゲンを撮影したところ、大きな虫歯が発見されました

こちらの写真のどこに虫歯があるか、分かりますでしょうか?

実は赤矢印部に大きな虫歯があります。

こちらがレントゲン写真です。

虫歯ができると、歯が溶けてしまう為、レントゲンを撮影すると黒く映ります。黒い箇所が分かりましたでしょうか?

*歯医者はレントゲンで何をみているのか?こちらのブログにレントゲンの見方を詳しく解説しております。

レントゲンの解説

赤い部分が全て虫歯です。青い部分が歯の神経です。

痛みが出ていなかったのが、不幸中の幸いです。レントゲンから神経に到達する虫歯が確認できました。非常に大きな虫歯です。いつ痛みがでてもおかしくない状態です。

口の中を検査するだけでは、どうしても見逃しが発生します。咬翼法のレントゲンを撮影すると、虫歯の有無が正確に分かります。前医の先生もレントゲン撮影さえきちんとしていれば、見逃しをすることもなく、患者さんが悩む必要がなかったのではないか。と思います。

虫歯除去

神経をとってしまうと、歯の寿命がグッと短くなってしまうので、MTAで神経を残す方法を選びました。

予め、どこまで虫歯が進行しているかを調べることが重要です。当院では術前に3次元のレントゲンのCTで虫歯の進行を確認しておきます。

MTAを使った神経の保護MTAの詳しい解説をしております。

こちらが虫歯の状態です。黒い虫歯が確認できます。

神経を残す為、スプーンエキスカを使用して慎重に虫歯を取り除きます。さらにう蝕検知液を使い、健康な歯を削らないよう守ります。

ある程度まで虫歯を取り除いたら、ラバーダムで防湿をします。虫歯を慎重に取り除いていると青矢印部に神経が確認できました。

MTA治療

神経が露出した部分にMTAを詰めます。今回は歯茎の下まで大きく虫歯になってしまっていたので、2回法を選択しました。MTAを詰めて、1週間ほどか固まるのを待った後に、ダイレクトボンディングで治療する計画です。

レントゲンを撮影し、MTAがきちんと詰まっている事を確認しました。緑部がMTAです。

歯茎の下まで虫歯が進行してしますと防湿が難しくなる為、要注意です。

その後、ダイレクトボンディングで虫歯の穴を封鎖して治療終了です。

まとめ

痛みがないから虫歯が無いというわけではありません。人間の目で見る視診では限界もあります。そんな時は、レントゲン撮影をすると虫歯の有無が分かります。

定期健診では、是非ともレントゲン撮影をすることをお勧めします。

虫歯は早めに治療すると、神経を取らなく良い場合が多いです。大事な歯の寿命を長持ちさせて下さい。

年齢・性別 25歳 男性
治療費 24,200円(税込)
治療期間 1週間
治療回数 2回
リスク・注意点 疼痛、咬合痛、冷水痛、外科処置を伴う場合は腫脹や出血などを生じる事があります。


山内歯科多治見おとなこども矯正

歯科医師 山内敬士

 

トップへ戻る