インプラント手術で方向がズレると・・・|山内歯科多治見おとなこども矯正

新型コロナウイルス対策について

  • 駐車場10台/駐輪場完備
  • 完全個室診療室
  • キッズコーナー/バリアフリー

子供の歯並び矯正症例数多治見No1

  • 初診ネット予約
  • 多治見・土岐・瑞浪・可児よりご来院多数!
  • 0572-22-0886
  • 岐阜県多治見市弁天町2-29 (多治見駅10分)

インプラント手術で方向がズレると・・・

投稿日:2021年9月25日

カテゴリ:インプラント

奥歯のインプラントのトラブルで多いのは位置と方向

奥歯のインプラントをされる方は再び自分の歯と同じように噛めるように、できれば長持ちするように。と期待されてインプラントの決断をされたと思います。

しかしインプラントの位置と方向が悪いと、最悪の場合、せっかくのインプラントを撤去しなければいけない可能性があります。

奥歯のインプラントを、長持ちさせる為に大事なことはインプラントの「位置」と「方向」です。

今回のブログでは、奥歯のインプラントが長持ちする為に、奥歯のインプラントを成功させる2つのポイントをお伝えします。残念ながら歯を失ってしまった方もインプラント治療により、第3の奥歯を取り戻し、しっかり噛めて美味しく食事ができる喜びを、再び取り戻して頂ければ幸いです。

 

奥歯のインプラントのトラブル

「数年間に奥歯にインプラントを入れたのだけど、グラグラ動いて噛みづらく、不快な臭いが気になるんです」とご相談を受けました。

検査をしてみると、インプラントが折れており、さらにインプラント周囲炎(インプラントの歯周病)にも感染しておりました。残念ながらこの場合は、一刻も早くインプラントを撤去しないといけません。

 

このまま放置していると、インプラント周囲炎によりどんどん顎の骨が溶けてなくなってしまいます。赤線部が顎の骨が溶けてしまった部分です。

 

 

本来は青線部まで顎の骨があったはずですが、インプラント周囲炎によりどんどん骨が無くなってしまっています。繰り返しになりますが、この場合は早めのインプラントの撤去をして、これ以上顎の骨が溶けないようにする必要があります。

 

インプラントがダメになる原因は?

今回のインプラントが悪くなってしまった原因は2つあります。

1、インプラントの位置が近すぎる

2、インプラントの方向がナナメである

奥歯のインプラントを成功させる為の大原則は、インプラント同士の適切な距離を保って平行に埋入することです。

研究の結果、インプラント同士は約3mm程度離すと良い。ということが分かっています。「インプラント間距離が3mm以下だと大きな骨の吸収を起こすことがある」と2000年にアメリカのデニス・ターナー先生が論文で発表されました。

 

 

さらに、歯に近い方のインプラントが斜めに埋入されています。実は良く起こり得ることです。なぜならば、インプラントを入れる方向が歯側からとなる為、平行に埋入したつもりでも手前の歯を避けようとするとナナメにブレてしますのです。

その結果、上部構造(被せ物)を作る際に隙間がなくなり、清掃性の悪い上部構造となり長期安定が難しくなってしまった訳です。奥歯に複数のインプラントを埋入する場合は、インプラント同士が平行になるように気をつけなければいけません。

 

 

 

インプラントを成功させる為には

奥歯のインプラントで重要なことは「位置」と「方向」ということがお分かり頂けたかと思います。では具体的に成功する為にはどうしたら良いかをお伝えします。

「サージカルガイドの使用」です。

サージカルガイドについてはこちらをご覧下さい。

サージカルガイドを使うことで、インプラントの失敗を大幅に減らすことができます。正確な位置と方向にインプラントを埋入する為には、欠かせません。

当院では100%サージカルガイドを使用しております。ガイドを使用することで痛み、腫れの軽減。手術時間の短縮をすることが可能です。

まとめ

奥歯のインプラントを成功させるためには「サージカルガイド」が欠かせません。インプラントを長持ちさせるための「位置」と「方向」も研究されています。

適切なインプラント治療をされると、奥歯のインプラントの10年成功率は96%との報告があります。

奥歯を失ってしまった場合は、インプラント治療が非常に有用な治療法と考えております。ぜひ正しいインプラント治療で、美味しく食事ができる幸せを取り戻して頂きたいと願っております。

 

山内歯科多治見おとなこども矯正

歯科医師 山内敬士

■ 他の記事を読む■

トップへ戻る