マウスピース矯正はどこで治療しても同じなの?|山内歯科多治見おとなこども矯正

新型コロナウイルス対策について

  • 駐車場10台/駐輪場完備
  • 完全個室診療室
  • キッズコーナー/バリアフリー

子供の歯並び矯正症例数多治見No1

  • 初診予約・お問い合わせ
  • 多治見・土岐・瑞浪・可児よりご来院多数!
  • 0572-22-0886
  • 岐阜県多治見市弁天町2-29 (多治見駅10分)

マウスピース矯正はどこで治療しても同じなの?

投稿日:2021年3月20日

カテゴリ:矯正治療

マウスピース矯正で失敗しないために

マウスピースで矯正できる「インビザライン」が大人気ですが、歯科医院によって雲泥の治療結果の差があるのはご存知ですか!?

マウスピース矯正で大事なのは、正しい技術経験なのです。

誤った矯正治療を受けてしまうと、失敗して後悔する場合もあります。どの歯科医師が治療しても同じ治療結果が得られると誤解されやすいですが、その違いについてもお伝えします。

矯正をお考えの方に、後悔しない治療を受けて頂き、素敵な歯並びと最高の笑顔を手に入れて頂きたいと願っております。

インビザライン

マウスピースを装着する女性

 

ワイヤー矯正とマウスピース矯正の違い

従来のワイヤー矯正との大きな違いは「クリンチェック」と呼ばれるソフトウェアを使い、デジタルデータで3Dシュミレーションできることです。治療開始時に患者さん自身が治療ゴールを確認することができるのです。

ワイヤー治療ですと、先生の理想の歯並びにお任せし、治療終了までどんな歯並びになるかイメージしにくい、と言う欠点がありました。

しかし、クリンチェックにより患者さん自身が、自分の歯並びが矯正治療後にどのように変化するかをコンピュータ上で確認することができ、またその治療ゴールを歯科医師と共有することができるようになりました。併せて患者さんの要望があれば、それを反映させることもできます。

光学印象装置”iTero”

 

デジタルデータを作成するために、歯型をとりますが、この時に2種類の方法があります。

1、光学印象装置”iTero”でデジタルスキャン

2、シリコン(粘土)印象材を用いたPVS

従来は、精密な歯型をとるためにシリコンを用いることが一般的でした。欠点として術者の技量や、患者さんの不快感、シリコンをアメリカまで輸送する日数がありました。

それらの問題を解決できる光学印象装置のiTeroが開発されました。特殊なカメラで歯型を撮影するだけで、わずか数分で患者さんの歯型がデジタルデータとして作成されるのです。

iTeroの良い点を5つあげます。

1、精密:術者によって精密さの差がありません

2、正確:デジタルデータの為、正確に再現されます

3、快適:カメラで撮影するだけですので不快感がありません

4、安心:シュミレーションができるので安心して頂けます

5、早い:オンラインでデータの転送ができます

2021年4月現在、岐阜県多治見市ではiTeroの導入は当院のみです。私は全ての症例でiTeroを用いた光学印象をおこなっております。

クリンチェックは誰が作るのか?

是非この疑問をお持ち下さい。マウスピース治療の歯並びのシュミレーションは誰が決めていると思いますか?

実はアメリカのアライン社で世界100ヵ国、900万人の治療実績のAIデータを使って、デジタルデータをコンピューター上で歯を並べる仕事をされる方達がおります。ただ、びっくりされる方も多いのですが、その方達は歯科医師ではありません

 

マウスピース治療の失敗の原因は

大事なことは、コンピューター上の歯並びを施術担当医が、どこまで手直しができるかです。

マウスピース矯正は歯科医師であれば、誰でもできる治療です。経験が浅くとも施術できてしまいます。経験が浅い先生が矯正すると、ご自身で手直しの勘所がわからず、AIの通りに治療を進めてしまいます。AIで並べた歯はあくまで、コンピューター上の歯並びです。実際の口の中や、顔つきを見ている訳ではありません。

この様に歯科医師が、アライン社に細かい指示を出します。どこまで歯科医師が的確な指示を出せるかで、患者さんの矯正後の仕上がりが全く異なってしまいます。理想の歯並びを手に入れるために、妥協は許されません。

患者さんにより、歯ぐきの厚みやアゴの骨の密度は様々です。もちろん、安全に歯を移動させることができる量も違います。クリンチェックはあくまでシミュレーションですので、実際には不可能な歯の動きが設定されていると、歯が骨からはみ出してしまい歯ぐきが大きく下がってしまったり歯の根が吸収してしまう等、不測の事態が生じてしまう可能性もあります。

矯正で失敗しない為の大事なポイント

もし私の家族が、矯正治療をする先生を選ばないといけない時は、こんなアドバイスをします。

「先生の症例を見せて頂けますか?」とお尋ねすることです。

マウスピース矯正治療はセミナーを受講すると、歯科医師であれば誰でも治療することができてしまいます。患者さんへの治療実績がなくても始めることができます。試しに始めてみた初心者の先生にあたってしまうと、実験台になりかねません。

経験がある先生でしたら、治療症例があります。尚且つ、実際に近い症例をお持ちでしたら、治療のゴールのイメージがつきやすいと思います。

是非、矯正治療で素敵な歯並びと、最高の笑顔を手に入れてください。

多治見市、土岐市、瑞浪市、可児市で安心できるインビザライン矯正をお探しの方は、山内歯科多治見おとなこども矯正へ矯正相談へお越し下さい。

 

山内歯科多治見おとなこども矯正

歯科医師 山内敬士

トップへ戻る